忍者ブログ

KAL

テレビアニメの感想
twitter

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ハートキャッチプリキュア! 第49話(最終話) みんなの心をひとつに!私は最強のプリキュア!

 
デューン戦、そして後日談
 
デューン、流石にラスボスだけあって
惑星レベルのスケールにまで大きくなり
それに対抗するためにみんなの心をひとつにして
ブロッサムまでムゲンシルエットで惑星レベルまで
スケールが大きくなったのは、あっけにとられちゃった。
 
後日談では、地球も元に戻り、時間軸も進み
つぼみ達の日常が再び始まる中で
色々な変化が描写されていた。
 
その中でも嬉しかったのが
3幹部達のその後が少し描かれていた点
特に熊本さんがいつきの明堂院流へ
入門したのはサプライズ。
 
つぼみの夢、宇宙飛行士になって
宇宙に花を咲かせ、デューンを弔うこと
この器の大きさは流石主人公だなと
ふたばちゃんは良いお姉さん持ちました。
 
えりか、14歳の美少女発言に始まり
顔芸を魅せたり、最終話はらしさをみせてた
ホントに芸達者です。
 
ゆりさん、締めるところをしっかりと締めたけど
夢を考えるといった辺りは
つぼみ達と出会っての変化。
 
いつきは、髪型が変わって
すっかり女の子らしくなった
いつきと熊本さんの後日談を想像するのは
とても楽しそうだ。
 
 
鳩プリ、1年間お疲れ様
そして、ありがとう!。
PR

ハートキャッチプリキュア! 第48話 地球のため!夢のため!プリキュア最後の変身です!

 
サバークとダークプリキュアの最期、立ちはだかるデューン
 
サバークが父親の責任として
ダークプリキュアを送ったのは
サバークを見直した。
 
浄化するココロの花がない
ダークプリキュアの悲哀は深い
サバークのダークプリキュアに対する想いは
ダークプリキュアにとって少し齟齬はあるだろうけど
最も救いになったはず。
 
すべての元凶となっているデューンに対して
負の感情が湧くゆりさんをつぼみが諭す場面は
作品を象徴するような場面だった
つぼみは本当にでっかくなった。

ハートキャッチプリキュア! 第47話 嘘だと言ってください!サバーク博士の正体!!

 
いよいよサバークの正体が判明する、お話
 
サバークとムーンライトを戦わないという
薫子の特命を受けたブロッサムの頑張りが目立った
ブロッサム成長しました。
 
サバークの正体はゆりさんの父親
この事実にサバーク自身もゆりさんも戸惑う中で
サバークは渡さない、ムーンライトを倒すという
ダークプリキュアの愛憎の激しさがせつないね。
 
ムーンライトを倒すためにサバークが産み出したダークプリキュア
しかしサバークはムーンライトが危なくなるとダークプリキュアをいつも止めてきた
仮面が割れて悟らない方が難しい。
 
シリアスな中でマリン発案のスナッキー変装作戦は良かった
スナッキー達がタイムに付き合う辺りも
作中の序盤の雰囲気というものを感じさせてくれて
ちょっと哀愁を覚えるし
マリンの不真面目ネタをサンシャイン達が悪乗りする辺り
彼女達の距離感は変化したんだなあとしみじみ。

ハートキャッチプリキュア! 第46話 クモジャキー!コブラージャ!あなたたちを忘れません!!

 
マリン、サンシャインがクモジャキー、コブラージャと決戦する、お話。
 
掛け合いとアクションがあるので
時間が過ぎるのがとても早く感じた。
 
マリンとサンシャインの強さとコブラージャとクモジャキーの弱さ
がマリンとサンシャインの苦戦を挟んだ事で
より効果的に伝わってきた。
 
守りたいものがあるマリンとサンシャインの強さ
プリキュアを守りたいと思うコフレ、ポプリの強さ
守るものがあるって強いね。
 
クモジャキー、コブラージャは後味良く退場していった
花言葉が彼ららしくて、ちょっとホロっと来ました
アデュー クモジャキー、コブラージャ。
 
サバーク博士、ムーンライト、ダークプリキュアの因縁を
薫子が今回少し語っていた
サバーク博士の正体もいよいよ次話で明らかになりそう。

ハートキャッチプリキュア! 第45話 もうダメです…世界が砂漠になりました…

 
デューンが登場し、世界が一変し、薫子婆ちゃんもさらわれてしまう、お話。
 
アクション、動く格闘アクションに加えて
怪獣映画を思わせるような場面もあったり迫力があった。
対ダークプリキュアに、対デューンに
プリキュア劣勢時のアクションは凄味がある。
 
薫子(キュアフラワー)とデューンの因縁は相当深いようで
デューンの薫子へのこだわりが執拗。
そのためか怖いコッペさまも降臨した、怖すぎる。
 
今まで育んできたココロの大樹も枯れて?しまい
つぼみ達は、砂漠化し無人化した街に唖然とするわけですが
これまでココロを浄化した人々はこの砂漠化にも耐えて無事
これは素敵な演出だなと。
 
この法則で行くとサソリーナだった人も
無事だったのかな?。
 
「くじけそうになった私の心に堪忍袋の緒が切れました!」
ってつぼみの台詞が残った。

× CLOSE

twitter

× CLOSE

Copyright © KAL : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]