忍者ブログ

KAL

テレビアニメの感想
twitter

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

逆境無頼カイジ 破戒録篇 09話 喝采、そして・・・

45組から再び大金を託され
20日の外出権を獲得して表に出るカイジ
端から見てもこれは肩の荷が重い
信頼されるからこその重さ。
 
そして出会うのが
人喰いパチンコ沼なるモンスター
カイジの元金から逆算すると打てるのは200玉
しかし今回喰われていたおじさんは
3750玉を注ぎ込んで当たりが来ないと
うーん、確率がまったく見えない。
 
まずは20日という時間を
じっくり利用して観察する流れかな。
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

逆境無頼カイジ 破戒録篇 9話 喝采、そして・・・ 感想

  • 逆境無頼カイジ 破戒録篇 9話 喝采、そして・・・ 感想
  • URL
  • 2011/06/02(Thu) 12:04
イカサマ456賽を使った大槻・・・もう後は無い。 理はカイジにある。

逆境無頼カイジ 破戒録篇 第9話 感想「喝采、そして・・・」

  • 逆境無頼カイジ 破戒録篇 第9話 感想「喝采、そして・・・」
  • URL
  • 2011/06/02(Thu) 22:40
逆境無頼カイジですが、哀れ大槻班長、悪党の末期とはいえ惨めたらしい末路をたどります。大槻の転落っぷりはともかく、カイジたちは次のステージにいきますが、「黒崎さまぁ〜〜!!」とか泣きついても、黒崎様が助けるわけもありません。「控えおろう、下郎がっ!!こちらにおはすお方をどなたと心得る、恐れ多くも帝愛帝国ナンバー2、あの兵藤鬼畜ジイサンの次に連なる先の副将軍水戸光圀様であらせらるぞ、消し飛ぶぞ、おまえの存在など」だそうですが、黒崎はそれほどキャラが立ってないと思います。 黒崎様は普通のサイコロを使えば200...

× CLOSE

twitter

× CLOSE

Copyright © KAL : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]