忍者ブログ

KAL

テレビアニメの感想
twitter

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

逆境無頼カイジ 破戒録篇 25話 怨嗟の涙

坂崎のおっさんがおいしいところを持っていった。
ギャンブルをしてるわけでもないのに
ある種の射幸心を感じさせる辺りが凄い。
 
カイジにとっては地獄から天国へ
一条にとっては天国から地獄へ
なんだけど、一条だって前話の提案を受け入れていたら
生還するチャンスはあった
逆にカイジは、あの引き分け提案が通っていて
そこへ坂崎のおっさんが登場していたら
とても気まずい空気になっていたろう。
 
帝愛側の敗因は、情報
一条だって、坂崎マネーが援軍として来るという
情報さえ知っていたら、引き分けを受けたろう。
冒頭で帝愛がカイジ達に余力をないものとして
拘束しようとしていた時点で情報戦で負けてたと。
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

× CLOSE

twitter

× CLOSE

Copyright © KAL : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]