忍者ブログ

KAL

テレビアニメの感想
twitter

ENTRY NAVI

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

逆境無頼カイジ 破戒録篇 03話 強運の欠片

大槻一派がいよいよ本性を見せて
カイジも本音をぶっちゃけて、けんか腰に
けんか腰でやるギャンブルってのは
スリルを高めるもんだね。
 
前話と同じ敗戦だけど、その景色は全然違う
この痛手でカイジが沈むのか沈まないのかは
本当に運次第だ
ポイントはあの人かな。
PR

逆境無頼カイジ 破戒録篇 02話 勝負の鉄則

大張りの場面は、三好にとっても、カイジにとっても
痛快な場面だった、あそこはターニングポイントで
三好、カイジ、大槻にとっても、オチがついた後に
意味合いというのが変わってくるポイントだ。
 
今のところは、大槻が勝ってる状態
でも、カイジの本能に火が点いたら
これは分からない、面白い事になってきた。

逆境無頼カイジ 破戒録篇 01話 地の獄

大槻班長がカイジを蟻地獄、底なし沼に
言葉巧みに追い込んでいく様が悪魔的。
でも、欲望に負けたカイジが飲み食いする姿の
旨そうな様、幸せそうな様ったら、素晴らしい
こんなに食べ物が美味しそうなアニメは久しぶりに見た。

へうげもの 02話 茶室のファンタジー

前回に続いて裏切りの話し
荒木の顛末は凄惨な描写があるのかなと
少し心構えて視聴したけど、そこはボカされてました。
逆に激しかったのは、中川清秀をめぐる絡み
左介とおせんの演技は、まさに戦国だった
この夫婦はやる事はしっかりとやる。
 
でも、こんな修羅場を経ても、荒木の茶器を見た瞬間に
好き者に舞い戻ってしまう左介にはちょっと苦笑。

GOSICK 第13話 愚者は己の代弁者を指名する

ヴィクトリカを女の子だと知ったアブリルが一弥にアプローチ
しかし一弥の心はヴィクトリカの方にあって上の空
アブリルさん難しいなコレは。
2クール目はヴィクトリカとアブリルが絡む機会もありそう。
 
事件は、現在の時計塔殺人事件と過去の錬金術師リヴァイアサンの謎が交錯
色々な伏線が張られたけど、その中で一番気になるのは
コルデリアと関係あるらしいブライアン・ロスコーが再登場してきた事
ヴィクトリカが目の色を変えた事と関連あるかもしれない。

× CLOSE

twitter

× CLOSE

Copyright © KAL : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]