忍者ブログ

KAL

テレビアニメの感想
twitter

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

GOSICK 第20話 ファントムの幽霊に導かれる

仲間が増えたヴィクトリカ
これまでの事件でオカルト省が
相当焦臭い組織だと見せつけられているので
仲間を事件に巻き込むまいとする気持ちが強く働く。
そしてその事を知った上でヴィクトリカをサポートしようとする一弥達
この想い合いが仲間って感じがして良かった。
 
とはいえ、それさえもブロワ侯爵の呪縛の中で
計算されてるような気がするのが嫌らしいなブロワ侯爵と。
PR

へうげもの 09話 非情のライセンス

秀吉から名物の贈り物を貰う左介
しかし貰った名物は嗜好が合わない
でも秀吉の手前として嘘をつく
いよいよ数奇の世界でも
嘘をつかないといけない左介に悲哀を感じた
でも、これも全ては欲のため。

GOSICK 第19話 薔薇色の人生は新雪に埋もれる

コルデリアの過去をブライアン・ロスコ-の視点で見ると
彼の苦々しい心情に感情移入してしまう部分がある
コルデリア=ヴィクトリカ
ブライアン・ロスコ-=一弥
みたいな発想も一瞬頭をよぎった
ブライアン・ロスコ-は一弥をどんな風に見てるんだろう。
 
回想でブロワ侯爵の非人間的な部分を見せて今回の事件
嵐で、兵隊ちょっと出して、一弥見つけられないヴィクトリカ
と、悪いピースばかり目についてしまう
今回の事件は激しいものになりそうだ。

GOSICK 第18話 漆黒の列車はいくつかの嘘を運ぶ

母コルデリアの言葉を受けて
頼もしく優しく格好良くになったヴィクトリカ。
 
そんなヴィクトリカが列車という閉鎖空間の中で
続々と起こる事件をどんどん解いていくのが気持ち良い。
ヴィクトリカと一弥が支え合って
短銃を撃つ場面とか活劇していて良かった。
 
ヴィクトリカが活躍するとGOSICKって面白いな
という基本的な事を再確認させられた回だった。

逆境無頼カイジ 破戒録篇 09話 喝采、そして・・・

45組から再び大金を託され
20日の外出権を獲得して表に出るカイジ
端から見てもこれは肩の荷が重い
信頼されるからこその重さ。
 
そして出会うのが
人喰いパチンコ沼なるモンスター
カイジの元金から逆算すると打てるのは200玉
しかし今回喰われていたおじさんは
3750玉を注ぎ込んで当たりが来ないと
うーん、確率がまったく見えない。
 
まずは20日という時間を
じっくり利用して観察する流れかな。

× CLOSE

twitter

× CLOSE

Copyright © KAL : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]