忍者ブログ

KAL

テレビアニメの感想
twitter

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

GIANT KILLING 第12話


後半戦、グランパレスが攻勢を掛ける
その中で、グランパレスの弱点が見えてくる、お話。
 
椿「苦しかったー」
産みの苦しいが感じられた台詞でした。
 
椿くん、ゴールを決めて大活躍
回想で4話の場面が流れたり
村越さんが椿を起こしに来たり
あの場面、じわっと来た。
 
カウンター時に「行けー」と
みんなで一つになってきたのも良かった
立ち位置はみんなそれぞれ違うけど
応援してるのは一緒だと
今後ETUが勝てば勝つほど一つになっていくでしょう。
 
ジーノさん、カルロスのパスコースを塞いだり
パスコース潰してたり、活躍してた。
 
試合描写の方は、ゼウベルトの目線、藤澤さんの目線
ハーフタイムなどから見た、達海監督の狙い
と戦術の話が中心だった。
不破監督ご自慢の大型外国人選手で
虚を突かれる形になってるというのが痛快。
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

疾風伝&GIANT KILLING&バクマン。

  • 疾風伝&GIANT KILLING&バクマン。
  • URL
  • 2010/12/13(Mon) 19:20
疾風伝は下忍50年の老兵だったけど 2代目&3代目&4代目サービスで 老兵の過去を描きながら火影は満足だし &親子も表現して良い感じで 次は予感時代が楽しみだ

× CLOSE

twitter

× CLOSE

Copyright © KAL : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]