忍者ブログ

KAL

テレビアニメの感想
twitter

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

GOSICK 第24話 死神の肩越しに永遠をみる

ヴィクトリカの生きたい生かしたい
という気持ちがとても目立った。
春来たる久城が銀色のヴィクトリカに
もたらしたのはこの気持ちで
一弥は死神じゃなくて逆なんだなと。
PR

GOSICK 第23話 灰染めのチェスにチェックメイトを告げる

ブロワ侯爵がヴィクトリカを怪物扱いしてるが
怪物はブロワ侯爵の方だろうというのは
多分誰でもするツッコミ。
 
そんな途方もないブロワ侯爵を倒すべく
襲撃するコルデリアとロスコーの行動は
アクションも入って、とてもスカッとする場面。

GOSICK 第22話 クリスマス・キャロルは窓辺の幸いを飾る

楽しいクリスマスパーティーから一変して嵐来たる。
 
モンストル・シャルマンの御伽噺の構図と
ヴィクトリカと一弥の構図が似ている
これからの展開を暗示するものなら
彼女は死んでしまう事になる。
 
ヴィクトリカにとって、一弥の存在は守りたいもので
一弥を守りたいから生きる
母コルデリアのヴィクトリカへの感情と重なる部分。

GOSICK 第21話 聖夜の鐘は刻を追いたてる

ココ・ローズ事件の解決編
猟奇的な部分、デリケートな題材もあった
偽史と真実を比べて見せるという
見せ方は分かり易い。
 
この事件は嵐というだけあって、スキャンダル性があって
生きて帰ってくるには完全に解いてはいけなくて
科学アカデミーに対しても、オカルト省に対しても
政治的な配慮をしなきゃいけないという
見てるこっちもストレスを感じてくる状況
それをこなしたヴィクトリカ凄いなと。

GOSICK 第20話 ファントムの幽霊に導かれる

仲間が増えたヴィクトリカ
これまでの事件でオカルト省が
相当焦臭い組織だと見せつけられているので
仲間を事件に巻き込むまいとする気持ちが強く働く。
そしてその事を知った上でヴィクトリカをサポートしようとする一弥達
この想い合いが仲間って感じがして良かった。
 
とはいえ、それさえもブロワ侯爵の呪縛の中で
計算されてるような気がするのが嫌らしいなブロワ侯爵と。

× CLOSE

twitter

× CLOSE

Copyright © KAL : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]