忍者ブログ

KAL

テレビアニメの感想
twitter

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

GOSICK 第17話 螺旋の迷宮にその箱はねむる

脱出の場面は8話の
崖に落ちそうな一弥をヴィクトリカが引っ張り上げる
あの場面と重なった
傷心のヴィクトリカを今度は一弥が助け返すと。
 
ヴィクトリカは8話で母との絆の証を落として以来
ずっと母との絆の証を欲していて
コルデリアもそれを知っていたはずだけど
渡すまでこんなにも時間が掛かってしまう
それを隔てる壁というのはブロワ侯爵。
 
でも、一弥と対峙してるブロワなんか見てると
一弥へ嫉妬してるような印象も受けたりと
父親の一面もちょっと垣間見せていたりもしていて
娘と父って難しいなと。
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

GOSICK -ゴシック- 第17話 「螺旋の迷宮にその箱はねむる」

  • GOSICK -ゴシック- 第17話 「螺旋の迷宮にその箱はねむる」
  • URL
  • 2011/05/15(Sun) 23:47
謎を解け、生きるための力を見せろ――。 一弥が迎えに来てくれて嬉しそうなヴィクトリカが可愛いですね(笑) 持って来てもらったお菓子にぱくつく姿はハラペコな小動物みたいw  ▼ GOSICK -ゴシック- ...

GOSICK-ゴシック- 17話

  • GOSICK-ゴシック- 17話
  • URL
  • 2011/05/16(Mon) 03:18
生きろ。 というわけで、 「GOSICK-ゴシック-」17話 駆け込み乗車はご遠慮くださいの巻。 マジックショー開催中。 客席で種明かし大会も同時開催。 嫌な客だな!最悪な客だな!! もっとこう、純...

GOSICK ゴシック 17話 螺旋の迷宮にその箱はねむる #gosick

  • GOSICK ゴシック 17話 螺旋の迷宮にその箱はねむる #gosick
  • URL
  • 2011/05/16(Mon) 07:35
ヴィクトリカの母が何故か生きているという不思議。    助けに来たのはコルデリアじゃなく大事な友達、久城。 彼らの大切な絆は、いつも薄氷を踏むような危うさを伴って視聴するサイドには映る。...

GOSICK―ゴシック― 17話『螺旋の迷宮にその箱はねむる』 感想

  • GOSICK―ゴシック― 17話『螺旋の迷宮にその箱はねむる』 感想
  • URL
  • 2011/05/16(Mon) 21:12
ちょっとなら置いていく(´・ω・`)

GOSICK -ゴシック- 第17話 「螺旋の迷宮にその箱はねむる」

  • GOSICK -ゴシック- 第17話 「螺旋の迷宮にその箱はねむる」
  • URL
  • 2011/05/16(Mon) 21:44
「一緒に学園へ帰ろう、その為に僕はここへ――…」 ブロワ公爵と対面する事になった一弥…! ブライアン・ロスコーの探す形見箱は 既に何者かに持ち去られていた!?    【第17話 あらすじ】 ヴィクトリ...

GOSICK -ゴシック- 第17話 「螺旋の迷宮にその箱はねむる」

  • GOSICK -ゴシック- 第17話 「螺旋の迷宮にその箱はねむる」
  • URL
  • 2011/05/16(Mon) 22:53
灰色狼の村で落としたペンダントはヴィクトリカにとって唯一の母親との絆の証。 それを無くしてしまったため母は来てくれないと思うほどの…。 だけど久城は何時も通り迎えに来てくれました。 「そのおかけで私は…」 私はなんなんだ…。 赤くなっていうとか意味深だなー(・∀・)ニヤニヤ

GOSICK -ゴシック- 第17話「螺旋の迷宮にその箱は眠る」

  • GOSICK -ゴシック- 第17話「螺旋の迷宮にその箱は眠る」
  • URL
  • 2011/05/18(Wed) 23:16
脚本:猪爪慎一/絵コンテ:森邦宏/演出:末田宜史/作画監督:斉藤英子 松田剛吏アルベール・ド・ブロワ侯爵がベルゼブブの頭蓋と呼ばれる修道院にヴィクトリカ・ド・ブロワを閉じこめたのは、その母・コルデリア・ギャロを誘き寄せるため。ヴィクトリカは幼い頃に一度だけコル

GOSICK -ゴシック- 第17話「螺旋の迷宮にその箱は眠る」

  • GOSICK -ゴシック- 第17話「螺旋の迷宮にその箱は眠る」
  • URL
  • 2011/05/19(Thu) 00:41
脚本:猪爪慎一/絵コンテ:森邦宏/演出:末田宜史/作画監督:斉藤英子 松田剛吏

× CLOSE

twitter

× CLOSE

Copyright © KAL : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]