忍者ブログ

KAL

テレビアニメの感想
twitter

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

GOSICK 第21話 聖夜の鐘は刻を追いたてる

ココ・ローズ事件の解決編
猟奇的な部分、デリケートな題材もあった
偽史と真実を比べて見せるという
見せ方は分かり易い。
 
この事件は嵐というだけあって、スキャンダル性があって
生きて帰ってくるには完全に解いてはいけなくて
科学アカデミーに対しても、オカルト省に対しても
政治的な配慮をしなきゃいけないという
見てるこっちもストレスを感じてくる状況
それをこなしたヴィクトリカ凄いなと。
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

GOSICK―ゴシック― 21話『聖夜の鐘は刻を追いたてる』 感想

  • GOSICK―ゴシック― 21話『聖夜の鐘は刻を追いたてる』 感想
  • URL
  • 2011/06/13(Mon) 06:57
いっつしょうたいむ(´・ω・`)

GOSICK―ゴシック― 21話 聖夜の鐘は刻を追いたてる 感想

  • GOSICK―ゴシック― 21話 聖夜の鐘は刻を追いたてる 感想
  • URL
  • 2011/06/13(Mon) 07:16
墓を暴くとは行っていたけど、首がない死体というのは本当に不気味さを超えていますね。 防腐処理を施しているのに、首の周辺だけは腐ってしまっている。 久城は、南無阿弥陀仏って唱えてるのに、 「東洋の呪いだ」ってww ...

GOSICK-ゴシック- 21話

  • GOSICK-ゴシック- 21話
  • URL
  • 2011/06/13(Mon) 11:25
お芝居はもうちょっと静かに見ましょうね。 というわけで、 「GOSICK-ゴシック-」21話 観劇推理の巻。 うわーん、よかったよー!王妃様ー! 結末が素晴らしかった。感動した。最高のラストシーンだ...

GOSICK -ゴシック- 第21話 「聖夜の鐘は刻を追いたてる」

  • GOSICK -ゴシック- 第21話 「聖夜の鐘は刻を追いたてる」
  • URL
  • 2011/06/13(Mon) 14:58
墓を暴くヴィクトリカ。 中には防腐処理をされた体と腐った首が。 そのほかにペンダントを見つけるが、これを見つからないように隠す。 そしてその中身の紙を伝書鳩である人の元へ飛ばす。

人の冬とは雌伏の時期を言うのだよ。GOSICK -ゴシック- 第21話も追加

  • 人の冬とは雌伏の時期を言うのだよ。GOSICK -ゴシック- 第21話も追加
  • URL
  • 2011/06/13(Mon) 20:08
「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」 第9話 「GOSICK -ゴシック-」 第21話 「Aチャンネル」 10話

GOSICK -ゴシック- 第21話 「聖夜の鐘は刻を追いたてる」

  • GOSICK -ゴシック- 第21話 「聖夜の鐘は刻を追いたてる」
  • URL
  • 2011/06/14(Tue) 00:51
そろそろショータイムだ――。 暴かれたニコルの墓には 防腐された体と腐敗した首が…。 そこに隠された ふたつの事件、偽りと真実の物語の幕間が明かされる時が!  ▼ GOSICK -ゴシック- 第21話 「聖...

GOSICK─ゴシック─ 第21話 『聖夜の鐘は刻を追いたてる』

  • GOSICK─ゴシック─ 第21話 『聖夜の鐘は刻を追いたてる』
  • URL
  • 2011/06/15(Wed) 00:14
3話に渡った「ココ・ローズ事件」もいよいよ解決編です。ソビュール最大の事件の顛末はどうなるのか。  ニコル・ルルーの墓グレヴィールを伴ってニコルの墓を暴くと、切断したうえに腐敗した首と防腐処理が施された胴体という奇妙な組み合わせ。それにしても首を無造作に小脇に置いておくのは何とも可哀想、ちゃんと頭の位置に置いてあげれば良いのに。 これで得心がいったヴィクトリカは事の真相を語って聞かせます。1900年にココ・ローズ王妃は子供を死産し、その後カントリーハウスに移っている。この時王妃は既に死んでいた。...

GOSICK ゴシック 第21話 感想「聖夜の鐘は刻を追いたてる」

  • GOSICK ゴシック 第21話 感想「聖夜の鐘は刻を追いたてる」
  • URL
  • 2011/06/16(Thu) 23:13
GOSICK ゴシックですが、ヴィクトリカや久城一弥はココ・ローズ事件を調べます。首なし死体も検めますが、手を合わせ合掌して遺体に敬意を払う久城にヴィクトリカは「東洋ののろいだ」と吐き捨てます。 この事件は舞台によって明かされるようですが、ヴィクトリカは特等席の玉座に鎮座ましましパイプを吹かしていますし、いかにもの紳士たち、尖がり頭のドリル警部、おばちゃん先生セシル、食堂の大女ゾフィーなど役者はそろっていますが、ゾフィーは劇に陶然として完全に乙女に戻っています。(以下に続きます)

× CLOSE

twitter

× CLOSE

Copyright © KAL : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]